70歳まで働くことを真剣に考える時期!  準備は早めに・・・

2000年のデータとなり恐縮ですが
世界の富裕層上位2%が世界の資産の50%を
保有しているそうです。

この人たちの資産を再分配するのは
難しいでしょうね。
むしろ、彼らはより資産を増やすように
動くでしょう・・。

と、縁遠い話はさておいて・・・

我々は
個人レベルとして
70歳までどう収入を確保するか
真剣に考えなくてはいけません。

読者の皆様の年齢も
異なるかとは思いますが
ここでは45歳の方を中心に
記述したいと思います。

年金がもらえるのが
70歳となりますから
持続可能な収入確保方法を
考えなくてはいけないということです。

で、読むべき記事は
東洋経済
「70歳まで働く」

45歳くらいで
昇進の可能性の有無が
だんだん分かってきます・・・。
見渡すと、その時点で
不良社員(モチベーションの低いシニア社員)となる方もいますが
得策ではありません。

自分が起業することも考えて
汎用的なスキルを
仕事を通して学んでいくべきです。
そして
給料分プラスαの仕事は
常に心がける。
でないと
リストラに遭うリスクが伴いますので
(不良社員など囲う会社はもはやありません)。

こちらの記事にいくつかのヒントが
かかれていますが

・会社専用のスキルではなく
汎用スキルを磨く
・若い社員には難し仕事を率先して行う
(起業した際に若い社員がクライアントに
なることもありますから
ゴマをする相手は上ではなく下です!)

この世の荒波に負けないように
準備していきましょう!