地球上の資源問題についてちょっと考えてみた

「地球の資源は皆にとって十分あるが
欲深い人には足りない・・・」

上記の言葉は
1947年にMahatma Gandhi により
発せられたもの。

言わんとしていることは
よく判ります。
しかし今
人口が急激に増加しているわけですから
「地球の資源は皆にとって十分あるが」の部分も
危うくなっているように感じます。

国や地域の経済格差が
とりあえず均衡(あくまでこっちサイドの考え。
決して正しい均衡ではありません)
を保っているようにも見えますが
今後、グローバルレベルで
貧富の差が少なくなった場合
資源の価格は急騰するかもしれません。

食糧やら
エネルギー源
水は限られた資源・・・。

「持続可能性(サスティナビリティ)」と言う言葉が
欧州の政治的な考え方だとか
単に理想主義だなどと
思ったこともありますが
真剣に考えねばいけないなあと。

また、これに取り組む分野に
マーケットが開かれるようにも
思います。

というわけで
この課題を身近なこととして
折にふれて
皆さんに関連するトピックを
ご紹介できればと思います。

ランキングに参加しました。
クリックいただければ嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


2014年3月16日 地球上の資源問題についてちょっと考えてみた はコメントを受け付けていません。 トレンド