会社を購入するときの留意点

知り合いの
コンサルタントと話す機会がありました。

いろいろと話をしているうちに
海外の会社の購入についての
話題となりました。

「期間2週間くらいで調査し、
購入する会社が問題ないということを
クライアントに答えなくてはいけない」とのこと。

ですから
土壌分析あたりが精一杯・・だそうです。
確かに・・。
買った会社の土地の土壌から
有害物質が出てくる・・というのは
最低限、避けねばいけません。

ただ、
その他、購入する会社の
役員・従業員の給与や
地域住民との関係、
労使関係なども
予め知りたいですよね。

賃金体系が日本の本社よりずっと高かったり
地域住民といつももめていたり、
ストが頻繁におこる・・といった
職場であると
購入した後、トラブル対応に追われます。

企業のM&A(特に海外)を担当されている
コンサルタントの方は
上記のような会社の非財務情報も
調査し、クライアント(買う可能性のある企業も含める)に
開示していただくといいように思います。

ランキングに参加しました。
クリックいただければ嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


2014年3月27日 会社を購入するときの留意点 はコメントを受け付けていません。 その他