肥満に対する手術について

今、イギリスに滞在。
知り合いのご夫婦と
行動を共にしているのですが

そのご主人が
長期に渡り肥満に悩まされていました、

20年ほど前は80kgの体重だったらしいのですが
今では160kg。

これまでに何度もダイエットやら
運動で
体重減を試みたものの
成功してはリバウンドの繰り返しだったとの
ことです。

そこで、
胃を小さくする手術
(bariatric手術と総じて称しているようです)を
この6月に受けるという話を聞きました。

今ではこの分野の手術の
技術が進み、
腹部に大きな切開をおかない
体にやさしい内視鏡手術となっているそうです。

入院期間は約3日。
単に手術をするだけではなく
心理学的なカウンセラーなどもつき
長期に渡り慎重に
減量を続けるとのこと。

ただし、手術を受ける条件として
それまでに8kg、減量しなくては
いけません
(余分な体重の1割相当。
そうすることで
手術の成功度が上がるとのこと)。

肝心の費用は?の問いに対し、
その方は60歳を超えるということもあり
無料だということです!
これには驚きました!!
こういった医療目的でも
無料が適用されるのですね。

日本においても
明らかに治療が必要な肥満については
保険使用が可なのかもしれませんね。

これから6月にかけて
8kgの減量に成功させなくてはいけないので
(リバウンドだけは絶対に避けたい)
夫婦協力して慎重に進めて行くということです。

ランキングに参加しました。
クリックいただければ嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


2014年3月29日 肥満に対する手術について はコメントを受け付けていません。 その他