雪につき「買いだめ」・・・

この週末は大変な雪になるとのことで
仕事でも
土日に出社予定だったスタッフ(私も含め)は
電車が不通となるのを予測し
金曜の夜にある程度の仕事を仕上げました。

会社を出たのは夜23:00。
「雪に備えて、食糧を買いだめしておきますか」と私。

家の最寄駅に着いたのがほぼ夜半でしたが
幸い、24時間開いているスーパー
「マックスバリュー」があるので
そちらで買い物。

雪の中、買い物に行きたくないし・・
ということで、パンやらインスタント食品、
野菜やらいろいろ。
約2日分。

で、今日先ほど起床しまいしたが
外は一面、雪景色!!

天気予報はあたりますね。

で、PCを見てみますと
雪に備えて皆さん「買いだめ」に走っているという
記事・・・。

今の時間はそうなのでしょうか?
昨日のマックスバリューはその気配ありませんでしたが。

「買いだめ」は心理的な波及効果が高く
「モノが無くなる」不安感から
人々が必要上のモノを購入。
店舗からモノが無くなり、
人々の不安がさらに煽られる・・・。

スーパーなどは
大雪が予測される前は
いつも以上にモノを仕入れ
「品不足感」をお客様に思わせない工夫が
必要となるのかもしれません。
実際にそうしているのかも
しれませんが。

最近は天気予報の精度も上がったなあと
思いますが、
上記のことを考えますと
天気予報が外れると痛いですよね!