無理のないスケジュールで質の高い仕事をする・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ひと頃の私の仕事は
夜遅くまで会社に残り・・
疲労で仕事時間は集中ができず・・
ミスが続き
ミスの後始末に時間を用い・・・
締め切りに間に合わず人に迷惑をかけ・・・と
ダメダメでした。

ひとりでする仕事が多かったので
どうにかそれでも仕事を進めていたのですが

最近、人と組むようになりまして
今までと同じ仕事の方法であると
相手を怒らせることが容易に想像でき
それは生産性にも大きく影響を及ぼすので
なんとかしなければと思っていました。

で、実行したのは
(あたりまえの仕事の進め方ですが)
スケジュールをしっかり立て
共有。
そして実行するタスクについては
早めに仕上げる。
絶対に仕事量のピークマックスを作らない
(2人でテンパるとめちゃくちゃになりそう)。

極力忙しさを平準化し、
毎日余裕をもたせるようにする。
で、時間に余裕ができるので
打ち合わせをしたり考えたりする時とする。

こうすると
質の高い仕事ができると思います。

最近購入した佐藤可士和さんの
「打ち合わせ」という本の
末尾にも似たようなことが書かれていました。

以前は「猛烈に忙しくなって、並が一気に引くように
静かになって
また猛烈になって徹夜もしたりして、
という短距離走のような循環でした」
だったのですが
今では「山のない長期の仕事」を設定しているそうです。
これにより、多くのプロジェクトを同時に推し進めることができ
生産性が上がったとのこと。

このように賢く仕事は進めたいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

予測する能力を持つ・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
経営者も
投資家も
研究者も

先を予測する能力が求められると思います。

これは阿久悠さんの言葉なのでしょうか。
「ですから、新商品が出た、すごい会社だなぁ、では駄目。
それで暮らしはどう変わるか、普及したらどうなるか、
を考えるのがコピーライターじゃないかしら。」

これは考え方の習慣なのだと思います。
いろいろな場面で単にものごとを
漫然に眺めたり批判するのではなく
未来はどうなるか予測する。

それが精度よく出来る人は
投資家などに向いているかもしれません。

また、ただ予測するのではなく
だったら「こんな」製品やサービスが
売れるだろうと提案し、
その提案を実行に移せる人は
需要が高いと思います。

またこれから発生する悪い予測を
是正することができる人も
必要なように思います。

少子高齢化やエネルギー問題。
今の状態がそのまま進むと・・・
と、なんとも暗いシナリオが簡単に書けてしまうのですが
それを回避するにはどうするか。
そのようなことが整理されている人にも
なりたいですよね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

学歴やら気遣いやら・・お金持ちのスタンスは?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
千田琢哉さんという方の
「年収1000万円に届く人、届かない人、超える人」という本を読みました。

年収400万円、1000万円、3000万円の人のさまざまな特性が紹介されていて、
面白い本です。
この手の本を何冊も読まれた方にとっては「そんなもんだよ」と言う方も
おられるかもしれませんが、私にとっては「へえ~。」と新鮮でした。
また、文章も平易で判り易かったので、
すらすら読めた点も、心地よい本と感じた原因かもしれません。

その中でいくつか「確かにな」と思う点があったので紹介します。

① 学歴
 年収400万円は学籍の話題が好き
 年収1000万円は学歴なんて関係ないと言う。
 年収3000万円は学歴の話題になるとあくびがでる。
 社会に出てからの成功は学歴ではない・・ことが多分にしてあります。
 成功者はそれを知っているのでしょう。

② 品性
 年収400万円は下衆の勘ぐりが好き
 年収1000万円は聞いていいことと悪いことをわきまえている。
 年収3000万円は下衆の勘ぐりをする人を「珍しい生き物だた」と思う。
 筆者が経営コンサルをされている歳は、お客様の組織に入り込む際に
 メンバーに徹底したのは「タブーの共有化」だったとのこと。
 どんなにいい仕事をしても、タブーを犯したらすべてが台無しになってしまうからです。

こんな感じで、50項目について、筆者の鋭い観点で3者の分析をしています。
ご興味のある方は、こちらまで。

また、筆者である千田琢哉さんのブログにも
為になりそうな記事がたくさん掲載されています。こちらへもご訪問ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村