効率化した生活を求めすぎると・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
前回ブログで
感情をコントロールすることで
無駄なエネルギー消費を防ぐことができ
生活の効率化が図れると書きましたが

始終そのような生活を徹底すると
実に人生は味気ないものになってしまうのでは。

日本では
効率的に仕事をすることが
今とても求められているように思うのですが
皆、感情をコントロールしていくようになるのでしょうか。

そういえば
知り合いの働くオフィスや研究機関
たまたまなのかもしれませんが
仕事中はシーンとしているとのこと。
昔の牧歌的な職場と違い
感情などが介する環境・・というかんじでは
ないのでしょう。

効率化というと
時間を制するといったイメージも
私は持つのですが

時間に厳格な方の代表としては
ドイツの哲学者、イマニュエル・カントが挙げられるかと思います。

毎日、決まった時間に物事をしていたようで、
散歩の時間などもきっちりしているため
カントの姿を見て周りの人が時計を合わせた・・とも言われています。
しかしそのカントも決まった時間に散歩に出なかった日があったとか。
それはルソーの「エミール」を読みふけってしまい
時間を忘れたことが理由だったそうです。

なんだか人間味を感じますね。

私はどちらかというと
感情的なことに時に浸りたいと思ってしまいますので
効率を究極に求めた生活は難しいのかもしれません。

仕事はクールに
オフはウェットにという生活が理想なのかもしれませんね。

オフをターゲットとしたマーケティングとして
感情に訴えるものがより増えていくのかもしれませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

頭が疲れた~どうにかしたい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
本日は
仕事をしている途中から
頭が大変疲れてしまいました。

この「途中」というのが曲者で
後半は送付するファイルを間違えるなど
仕事に支障が・・・(涙)。

午前中に人に合う必要があって
恐ろしく集中・緊張し
その後疲労困憊状態。
脳に関しては、前頭部にモヤモヤ感が。
思考回路がうまく機能しない・・といった状態。

周りの人に比較して
自分は頭が疲労に至るまでの時間が
短いように思います。

筋力のように強化することはできないのでしょうか。

この疲れが
酸素不足や血の巡りによるものであれば
首や肩のコリを解消したり
普段の仕事をしている際の体制を変えるなどで
ある程度は疲労を回避できるのかもしれません。

あまり根をつめずに
適度に休憩をとるなど。

その他
脳のトリセツという本にも紹介されていますが
無駄なエネルギーを消費しない
生活を心がけるなど。

今日の午前中の状態を振り返りますと
人に会って「集中・緊張」した状態が
無駄にエネルギーの消費に繋がったのでしょう。

脳のエネルギーの消費。
ホルモンが関係する「感情」が
使用量が多いようです。
疲れ知らずの日々を送りたいのであれば
感情のコントロールが
とても重要になるのかもしれません。

一方で
疲れた頭の状態は
創造性を誘因する
・・といった内容の記事もありました。
疲れた時は「間違えてはいけない」仕事ではなく
「新しいこと」について
つらつら考えるというのも良いかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

イノベーションを阻むもの

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
イノベーション
新しい発想

知り合いにもアイデアマンがいまして
とにかく面白い企画を沢山たてます。
個人的にはとても尊敬しているのですが
今日、それに対するネガティブな意見を聞くことに。

「○○さんの発想はたしかに良い」
「でも結局それを実働するのは▲▲部だよね」
「段取りわるくて、苦労させられるのよね」
「こっちの身にもなってほしいよね」

その場に居合わせた人たちは
「そーだよねー」と口ぐちに
愚痴るのですが

せっかくの良い発想も
そしてその発想自体は結局は
結果オーライでうまくいったのですが
なんともしっくりとしない状況に
なってしまいました。

物事はリレーのようなところがあり
発想者は次の
行動に落とす部隊にバトンタッチ
そしてその人たちも
気持ちよく仕事をして
次にバトンタッチ・・で完遂!というのが
理想ですよね。

発想者が何から何まで行うというのは
不可能な訳ですから。

良い発想も
途中がぐずってしまうと
本当にうまくいかない。
これは別に日本に限らず
よくあることなのでしょうが

新しい発想をどうモノにするか・・
実はこのあたりも
上記をふまえて研究されているので
それを学ぶというのも手ですね。

という訳で
英国のMOOC
Futurelearnの
Innovation and Enterpriseは上記課題解決のヒントが学べそうなコースです。
お薦めです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村